在籍確認の電話ってどんな感じ?

今では無人契約機にインターネット申し込みと、人に会わずにカードローンの申し込みできるサービスが展開されていますが、いくら秘匿性が高くなってきたといってもカードローン申し込み時に必ず行われるのが在籍確認の電話です。

 

カードローンを利用する人は増加しており、テレビCMや広告などでイメージは良くなってきています。しかし、「カードローン=消費者金融}というイメージは完全に払拭されているわけではないので、カードローンを利用しているということは隠しておきたいと思う人が殆どでしょう。

 

その点において、自分の職場にかけられる在籍確認の電話を気にする人は少なくないのは疑うことのない事実ですし、もしかしてカードローン申し込みしているのがバレるのではないかと心配になる人が多いのも当然の話です。

 

しかし実際はそんな心配は無用です。

 

カードローン会社も利用者が減るようなことを敢えてすることはありませんし、このようなナイーブな問題に関しては万全の対応をとっているのです。

 

在籍確認の電話って?

 

それでは在籍確認の電話はどのようなものなのでしょう?

 

在籍確認の電話はカードローン会社の社員によって行われますが、わざわざ会社名を名乗って行うようなことはありません。かけてきた人が自分の名前を名乗って、申し込み者の呼び出しを依頼するだけです。

 

ですから、確認時に申し込み者が会社にいれば電話を代わって確認終了ということになりますし、不在の場合でも、在籍しているということさえ分かれば問題ないので、折り返しの電話等も依頼せずに、また連絡すると言って電話を切るのが一般的です。

 

会社にかかってくる電話は何も取引先だけとは限りませんから、個人名を名乗る人から電話がかかってきても何も不思議ではありませんし、決してカードローン会社からの電話だと分かるようなことはないというわけです。

 

以前は架空の会社名を名乗って電話するという方法も多かったようですが、これは今では違法行為となるので個人名を名乗るのが一般的となりました。

 

カードローン会社の工夫

 

在籍確認の電話に関しては気にしている人が多いことはカードローン会社も重々承知していますから、各社独自の工夫もなされているようです。

 

その一つが専用電話です。

 

大手カードローン会社はCMや広告が多いので、代表電話番号を記憶している人も中に入るようです。
それを懸念して、在籍確認時には専用の携帯電話を利用するというところも少なくありません。

 

これならば何の疑いもないので本当に安心することができますね。

 

 

>>来店不要で借りれるカードローン一覧