総量規制の例外とは?

カードローンは簡単に借り入れができる魅力的なサービスですが、それが仇となって返済できないほどの借り入れをしてしまうという人も少なくないようです。

 

カードローン会社の借り入れ上限額は一般的には50万円までですが、いくつものカードローン会社を掛け持ちして、知らない間に何百万もの借金を負ってしまったという話は珍しいものではありません。事実、一時期はカードローンに溺れて返済できないほどの借金を抱えてしまい自己破産する人が多発しました。

 

そこでそんな自己破産者を生み出さないために付け加えられた貸金業法が総量規制です。

 

これは年収の3分の1以上の借り入れを禁止したもので、カードローン会社に代表される貸し金業者はこれを守ることを義務付けられたのです。それでは既に年収の3分の1の借り入れをしている人はカードローン申し込みはできないのでしょうか?

 

これは普通に考えればできないということになるのですが、それでもOKというカードローンもあるのです。

 

銀行が提供するカードローンサービス

 

カードローンといえば消費者金融が経営するカードローン会社が有名ですが、銀行においてもそれと同じサービスが銀行カードローンという名称で提供されています。銀行といえば審査が厳しいことで有名ですが、最近はキャッシング会社と同じような申し込みが可能という銀行も出てきているようです。

 

まだまだキャッシング会社のような柔軟性はありませんが、この銀行のカードローンならば総量規制にとらわれることなく申込みすることが可能です。

 

何で銀行カードローンは総量規制外なの?

 

銀行のカードローンが何で総量規制なの?と不思議に思われる人は少なくないかと思いますが、これにはチャンとした法的根拠があるのです。

 

消費者金融業者は貸金業者なので貸金業法に反する営業は違法となってしまいますが、銀行は貸金業者ではなく銀行法に基づいて営業を行うので、貸金業法で制定された総量規制を守る必要がないのです。

 

キャッシング会社の中でもレイクならOK

 

キャッシング会社の中でも老舗として知られているレイクですが、ここなら総量規制を気にせず申し込むことができます。これも何で?と思われる人が多いかと思いますが、現在のレイクは新生銀行の中の一サービス部門という位置づけになっているために、銀行カードローンとして銀行法の適用となるのです。

 

ここならば他のキャッシング会社と同じサービスが受けられるので、総量規制が気になる人にはおススメのキャッシング会社と言えるでしょうね。

 

 

>>来店不要で借りれるカードローン一覧