お金を借りるのに必要な書類は?

近年カードローンが多くの人に受け入れられたのは、最近流行りの即日キャッシングも大きな要因ではありますが、カードローン業界が従来続けてきた無保証・無担保で、本人確認書さえあれば申し込みOKという使いやすさが大きな要因であることは間違いない事実です。

 

通常銀行で借り入れをする際には、まず無担保・無保証ということは考えられませんし、必要提出書類が本人確認書だけというのもまず考えられません。その上、審査にも長い日数が掛かるわけですから、カードローンがいかに申込みやすいかということは明白な事実なのです。

 

必要提出書類は?

 

カードローンの申し込み時に必要なのは基本的には運転免許書などの本人確認書類のみです。これはどのカードローン会社も同様ですから、申し込み時にはわざわざ別の書類を取り揃える必要はありません。

 

運転免許書を持ち歩かない人は少ないと思いますから、極端な話、思い立ったら直ぐ申し込みOKということなのです。しかし一点注意しなければならないことがあります。

 

それは本人確認書類に記載されている住所と現住所が違う場合です。

 

転勤などで運転免許書の住所を変更していないという人は少なくないのではないでしょうか?この場合には現住所を証明するために公的機関が発行した住所が記載された請求書や領収書が必要となってきます。ガスや電気代の請求書や領収書でOKですから、住所が違う場合は必ず用意しておくようにしましょう。

 

本人確認書類以外の書類提出が必要な場合

 

カードローン申し込みは基本本人確認書類のみでOKなのですが、契約内容によっては収入証明書類の提出を求められる場合があります。一般的な通常申し込みの場合、借り入れ額の上限は50万円以内に設定されていますが、カードローン会社ではそれ以上の借り入れ上限枠を設定しています。

 

HP内に記載されている「ご融資枠1万円〜500万円」というような記載がそれです。
つまりこの場合だと、最大500万円までの借り入れが可能ということなのです。

 

しかしこの借り入れ額の上限を高く変更する場合には、必ず申し込み者の収入証明書類の提出が求められます。これは貸金業法で規定された総量規制に違反していないかという確認をするためと、申し込み者の返済能力を判断するために必要となってくるのです。

 

通常申し込みの場合には一切必要ありませんが、上限枠を高くしたいと初めから考えて申し込みする場合は収入証明書類を用意しておくようにしましょう。

 

 

>>来店不要で借りれるカードローン一覧