収入証明書って何?必要?

手軽に申し込めるというポイントがカードローンにおける最も大きなメリットと言えますが、カードローン申し込みが常時簡単に済むわけではありません。

 

というのも、一般的なカードローン申し込みは借り入れ上限額が50万円に設定されており、審査結果によってその枠内で申し込み者の上限枠が設定されることとなります。

 

つまり申し込み者の審査結果内容が良ければ上限一杯の50万円に設定されることもありますが、悪ければ10万円に設定されるというわけです。しかしカードローン会社は50万円を上回る上限枠を設けており、希望によっては50万円を超える借り入れ上限を設定することが可能ですが、この申し込みの際には通常本人確認書のみでよかった必要書類に加えて、収入証明書類の提出を求められるようになります。

 

収入証明書類とは?

 

それではこの収入証明書類とはどんな書類を指すのでしょうか?

 

1番メジャーな収入証明書類は皆さんが会社から毎月もらう給与明細書です。
つまり収入証明書とはその人の収入状況が把握できる公的な書類というわけなのです。

 

収入証明書類には給与明細書の他には、源泉徴収票、確定申告書、税額通知書、所得(課税)証明書などがあり、カードローンの申し込み時にはいずれかの書類の提出を求められることがあるというわけです。

 

提出する書類によっては様々な規定がされている場合もあるので、カードローン申し込み時に収入証明書類の提出が求められる場合には、規定をチャンと確認しておく必要があります。

 

何で収入証明書が必要なの?

 

それでは何で収入証明書の提出が求められるのでしょうか?

 

現在は数年前の貸金業法の改正に伴い総量規制という項目が追加されました。
総量規制とは、貸し金業者は年収の3分の1を超える貸し付けができないと定めた法律です。

 

つまり、カードローン業者はこの貸金業者に当たるので、利用者に年収の3分の1を超える貸し出しを行うことができないというわけです。ですから50万円を超えるような借り入れが必要な申し込み者に対しては、この総量規制に引っかからないかという別の審査を行わなければならず、それを判断するために収入証明書類の提出を求めてくるのです。

 

他にも、他社カードローンを利用しており、現在の借り入れ総額が100万円を超えるような場合も収入証明書類の提出を求められます。これも総量規制に引っかからないかどうかを審査するためです。

 

以上のように収入証明書類の提出が求められるのは、借り入れ上限額を高く設定する場合、もしくは100万円を超えるような既存借り入れがあるので、事前に分かっている場合はチャンと用意しておくようにしましょうね。

 

 

>>来店不要で借りれるカードローン一覧