審査に通らないケース色々

カードローンは無担保・無保証の本人確認書のみで申し込みでき、銀行借り入れのように厳しい審査がないので簡単で通りやすいというイメージが定着しています。

 

事実、学生や主婦、未成年や無職の人でも申し込み可能で、利用している人も多いことを考えればカードローンの審査はかなり柔軟であることに間違いはありません。しかしこの柔軟な審査を用いるカードローンでも申し込み者のすべてが審査OKというわけではありません。

 

それではカードローン申し込みの際に、審査に通らないケースにはどのようなものがあるのかを紹介していくことにしましょう。

 

借り入れ件数が多い場合

 

カードローンの申し込み者は全ての人が初めての利用というわけではありません。
既に他のキャッシング会社を利用して、違うところへ新規申し込みという人も少なくないのです。

 

しかしこの複数社の利用は審査時にあまりいい評価をされることはありません。

 

カードローン会社は審査時に、利用しているカードローン会社が2社の場合黄色信号、3社の場合赤信号と判断すると言われています。たとえ各社の利用額が小額の場合でも、複数社利用しているよりも1社から多い借り入れをしている方が審査時には高い評価がされます。

 

ですから複数社の利用は申し込み者の信用を下げることはあっても、高くすることはないということなのです。よって、既に3社との契約がある場合は、まず審査に通るのは難しいと考えた方がいいでしょう。

 

同時に複数社の申し込みをした場合

 

同時に複数社へ申し込みをした場合は申込ブラックと判断され、審査に通りにくいのが一般的です。複数社へ同時申込すると、それだけ金銭に困っている、または既に何社ものカードローン会社で審査が通らなかったと判断されてしまうのです。

 

こうなると申し込み者の信用は下がることになってしまうので、同時申し込みした理由がそうであろうとなかろうと、そう判断されてしまいます。ですから意味なく同時申し込みすることだけは絶対に止めるようにしましょう。

 

記載情報に誤りや偽りがある場合

 

申し込み者はできるだけ審査に通りやすくしたいがために、自分に不利になる情報を隠して事実とは違った情報を記載することがあります。しかしこれは審査時に行われる信用情報調査で全て分かってしまうのです。

 

そうなると記載された情報と事実が違うことで、虚偽の記載をしたと判断されます。
これは申込者の信用を著しく低くすることになるので、まず審査は通らないと言っていいでしょう。

 

中には本当に記載ミスということもあるかもしれませんが、そう判断されないためにも、記入時のミスには注意して、虚偽の記載は絶対に行わないようにしましょう。

 

 

>>来店不要で借りれるカードローン一覧