希望する金額で借りられない場合は?

カードローンの利用法は利用者によって様々ですから少額借り入れ目的のためにカードローン申し込みする人もいれば、まとまった借り入れが必要で申し込む人もいます。

 

ですから申し込み者は、カードローン会社が決めた上限金額で常に満足ということにはならないのが現状です。ということはカードローンに申し込んだはいいけれど、必要とする借り入れができないという場合も十分に考えられるわけです。

 

それでは希望する借り入れができない状況が発生するのには、どのような場合があるのかを説明していくことにしましょう。

 

収入が適正でない場合

 

カードローン申し込み時の審査で一番重要になってくるのは、申し込み者に返済能力があるかないかという点です。ですからこの能力が十分でない場合は審査をクリアすることができません。

 

そしてその審査基準として元にされるのが申し込み者の収入というわけです。
仮に利用上限額が50万円必要だとしましょう。

 

この借り入れをクリアする最低条件は、総量規制で定められた3分の1以上の借り入れができないという決まりに反さないかどうかという点です。つまり、上限50万円を借り入れするためには、150万円以上の年収が必要となってくるというわけです。

 

ですから50万円を超える借り入れ金額が必要な場合も同様です。

 

200万円の借入れ上限額が必要ならば、年収が600万円以上必要となってきます。いくら借りたいという以前に、借り入れ希望額はまず自分の年収額によって左右されるということを十分理解しておくようにしましょう。

 

既に他社へ借り入れがある場合

 

年収に続いて借り入れ上限額設定に大きな影響を及ぼすのが、申し込み時の借り入れ総額です。仮に既存の借り入れが50万円あるとしましょう。

 

そして新規申し込みで利用上限額50万円を希望する場合は、既存借り入れ額の50万円と新規借り入れ額50万円、合わせて100万円の借り入れをすることになります。ですからこの借り入れ上限額の条件をクリアするためには、300万円以上の年収が必要となってくるわけです。

 

このように既存借り入れ額がある場合は、新規借入額だけでなく、その総額を気にしなければならないというわけです。以上のように希望する借り入れ上限額をクリアするには、まず総量規制が関係してくるために年収と既存借り入れ額をよく考慮しなければなりません。

 

これは法律によって定められたことですから、カードローンで必要額を借り入れしようとする場合は、事前に年収と既存借り入れ総額を確認するようにしましょう。

 

 

>>来店不要で借りれるカードローン一覧