お金の返済方式と返し方

現在のカードローン会社はネットキャッシングを前面に打ち出して、多くの利用者を獲得していますが、カードローンの利用には申し込みだけでなく、借り入れ、返済という一連の流れがあります。

 

ですから申し込みが簡単になったからといっても、その後の利用サービスに利便性がなくては意味がありません。特に利用者は借り入れの際はすぐでも必要だから何としても借り入れしようとしますが、返済の際にはそこまでの早急感はありませんから、忘れてしまいやすいという傾向があります。

 

ですからカードローン会社を選定する場合には、少しでも返済しやすいように、どのような返済方法があるのかが重要なポイントとなってくるのです。それでは現在カードローン業界で提供されている返済法には、どのような方法があるのかを紹介していくことにしましょう。

 

ネットサービスの利用

 

カードローン会社で提供されているネットサービスでも返済は可能です。

 

借り入れ時と同じように、ネットサービスを利用して24時間いつでも返済可能なので、契約時の指定口座に返済額があれば、いつでもどこでもカードローン会社の指定口座へ振込できます。

 

この場合振込手数料が必要となってきますが、今では振込手数料無料のところも多くなっています。ですからこのサービスを利用するならば手数料無料のところを選ぶことをおススメします。

 

口座振替

 

契約時に毎月決まった日に指定口座から口座引き落としされる方法です。

 

ローンで商品を買ったときに用いられる一番一般的な方法で、口座金額さえ十分であれば手数料も掛かりませんし、返済忘れになることもないので、一番簡単で確実な方法と言えるでしょう。毎月決まった金額しか返済できないというデメリットはありますが、数ある返済方法の中でも一番おススメの方法と言えるでしょう。

 

ATMの利用

 

ATMでの返済はカードローン利用者の返済方法としては一番一般的な方法と言えるでしょう。

 

自社ATMの他にも、大手コンビニエンスストアや敏行などと提携したATMが利用できるところが多いので、返済しようとした時にATMを探して回る面倒さもありません。しかし提携ATM利用時には200円前後の手数料が掛かってくるので、利用者にとっては大きな痛手となります。

 

利便性は高い方法ですが、この手数料が掛かるという点は大きなデメリットと言えるでしょう。 

 

 

他にも銀行振込や店頭での返済と色々な方法もありますが、面倒なために利用する人はほとんどいないと言っていいでしょう。ですか他の返済方法は一長一短はあるものの、利便性が高い返済法と言えるので、申し込み時には各カードローン会社の返済サービス内容をよく確認して、少しでもメリットが高いところを選ぶようにしましょう。

 

 

>>来店不要で借りれるカードローン一覧