複数の会社に同時申し込みしてもよい?

現在は多くの有名カードローン会社が様々なメリットを打ち立てて多くの広告やCMを流しているので、申し込み者は一体どこを選べばいいのか分からないと迷ってしまうことも少なくないでしょう。

 

しかも初めてカードローンを利用する人はカードローン自体をよく理解していないために、適当に数社選んで一度に申し込んでしまうという人も少なくないのです。これはカードローンが余りにも手軽なものとして認識されているために、本来が持つ、お金を借り入れするための一手段だという性質がぼやけてしまっていることも大きく影響しているのかもしれません。

 

しかし、一見効率的に思える数社の同時申し込みは、決していい方法でないということを十分に理解しておかなければなりません。

 

申し込みブラック

 

数社同時にカードローン申し込みした場合は、申し込み者はカードローン会社に「申し込みブラック」と判断されます。カードローン会社は申し込みがあると、申し込み者に返済能力がるかどうかを判断するために個人情報を元に審査を行います。

 

この際に審査基準として用いられるのが申し込み者の信用情報です。

 

信用情報とは個人のクレジットカードやローンなどの信用取引状況のことで、現在日本では3社の信用情報機関によって管理されています。カードローン会社は審査をするために、この信用情報機関のデータベースにアクセスするわけですが、そのデータにはそのアクセスが足跡として残ります。

 

ですから一度に複数社の申し込みをした場合、同時に複数社のアクセスが足取りとして残り、一度に複数社申し込みしたということが申し込みしたカードローン会社に知られてしまうというわけです。

 

しかし複数社に同時申込みしたからといって、何でそれがブラックということになるのでしょう?それは、複数社に申込みしなければならないほどお金に困っている、または審査が通りにくいことを分かっていて、確率を上げるために同時申込みしたと判断されてしまうからです。

 

どちらの場合も申し込み者の信用を落とすことになりますから、申し込みブラックとされてカードローン会社に警戒されてしまうのです。 申し込みブラックは、申し込み者の状況が良い悪いに関係なく判断されることとなります。

 

ですから複数の同時申し込みは決していい結果を及ぼすことにはなりません。

 

カードローンの審査方法をよく理解していない人がやりがちな行為ですが、今回説明したことをチャンと理解して、申し込み時にはくれぐれも行わないように気を付けてくださいね。

 

 

>>来店不要で借りれるカードローン一覧