アルバイトやパートでも来店不要で借りれる?

誰でも無担保・無保証で簡単に申し込むことができるカードローンですが、その申し込みには何らかの制限があるのでしょうか?どこのカードローン会社でもそうですが、年齢制限がある以外は決まった収入が条件とされているくらいなので、働いている人ならば基本誰でもOKと解釈して大丈夫でしょう。

 

しかしここで気になるのが決まった収入という点です。

 

銀行での通常の融資の場合(※銀行カードローンではない)は借り入れの際にはどんな仕事に従事しているのかという点が大きなポイントとなってくるので、仕事はと聞かれて、「アルバイトです。」と答えたなら、まず借り入れをすることは不可能と考えるのが普通です。

 

しかしカードローンの申込の場合は決まった収入が必要とされているだけなので、アルバイトやパートでも決まった収入として認めてもらえて、問題はないということになるのです。

 

申し込みたいけどどうしようか迷っているという人の中には、自分の仕事がアルバイトやパートなので多分ダメだろうと思っている人も少なくないかと思いますが、キャッシングの申し込みにおいてはアルバイトやパートであっても決まった収入さえあればOKですから、安心して申し込むことができるのです。

 

特別な書類は必要にならないの?

 

それでは申し込み時には何か特別に用意しなければならない書類があるのでしょうか?
いいえ、本人確認書以外は特に用意する必要はありません。

 

カードローン申し込みにおいては、アルバイトやパートであっても申し込み条件はクリアしているわけですから、そのカードローン会社が掲げている一般的な申し込み要項と同じです。アルバイトやパートだからといって特別身構える必要はないので、安心して申し込んでもらって大丈夫です。

 

■金利や上限金額が・・・

 

アルバイトやパートでもキャッシングは十分利用することができます。
しかし契約後の利用時に金利や上限金額に若干差が出てくることは考えられます。

 

というのは収入額によって利用できる金額が少なく設定されたり、金利が高めに設定されることが予測されるのです。利用上限額が50万円までに設定されていても、収入をベースに考えると返済は厳しいと判断されれば上限額が20万円とか10万円に設定されます。

 

これは何もアルバイトやパートに信用がないというわけではなく、定職についている人の場合でも収入額をベースにして上限額が設定されるので、定職についている人よりも収入が少ないことの多いアルバイトやパートの方が、低い設定がされる可能性が高いということです。

 

金利ももちろん条件がいいほど安くなるので、当然高い設定がされることが予測されます。

 

しかし、この上限額や金利はカードローンを行って、キチンとした返済を繰り返していけば信用が上がってだんだんといい条件に変更されます。ですからまずは信用実績を積むことを目標にしましょうね。

 

 

>>来店不要で借りれるカードローン一覧